世界でたったひとつのプレミアムテスト 瀬戸内寂聴

その声を聴くだけで涙する人も多い、僧侶で作家の瀬戸内寂聴さん。

5月4日の日本テレビ系「世界でたったひとつのプレミアムテスト」で、瀬戸内寂聴さんの数ある教えのなかから3つがクイズ形式で紹介された。

若者は恋と革命を

まず、若者の反響が大きかった教えが紹介。

若いときにしたいことを全部してください。

寂聴さんの90年の経験からすると、何をすればよいかというと、恋と革命。

若さは、恋と革命。

10冊の本を読むより本気の恋愛を1回しなさい。

本気の恋愛をして、喜んだり、涙を流したりすることで、生きる上での大切なことを学べるという。

充実した毎日のために引っ越し

続いて、充実した毎日を送るための教え。

寂聴さんの秘書の瀬尾まなほさんのような、若者との交流で日々新しい経験や発見を繰り返すことが、充実した毎日を過ごすための秘訣。

さらにもう一つ、日々を充実させるため、寂静さんが繰り返しやってきたことは引越し。

マンションの中でも6回ぐらい引っ越して、3階に行ったり4階に行ったり。

全部で、50回くらい引っ越したという。

生活の拠点を移すことで気持ちがリフレッシュでき、新しいエネルギーが得られるようになる。

男はそんなに変えられないので、やっぱり引っ越すという。

人生の岐路では危険なほうを選ぶ

最後は、もっとも反響の大きかった教えから。

人生の岐路に立ったときに、自分の進むべき道をどのように選んできたのか。

人生の岐路に立ったときには、自分を芸術家だと思うならば、危険なほうを選ぶ。

一見危険で辛そうな道を選ぶ。

そうすることで、結果、自身の成長につながる。

【関連記事】
世界一受けたい授業 寂静式・健康長寿を延す秘訣5か条 10冊の本より本気の恋愛

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)